お問い合わせ電話はこちら042-397-6500

ロハスベルカラー

LOHAS BELLE COLORとは

LOHASとは —— Lifestyles Of Health And Sustainabillity の頭文字

「自分にとって継続できる健康的生活スタイル」と、「BELLE(フランス語で美)」
この二つの意味を込め、「ロハスベルカラー」は作られました。

ロハスベルカラー

ヘナ、カシアオヴォバタなどの天然ハブの葉をベースに、お肌ともう春にやさしい化粧品染料をミックスして作り上げた、ノンジアミン、ストレスフリーカラーです。

ロハスベルカラーを構成する3つの要素

「自分にとって継続できる健康的生活スタイル」と、「BELLE(フランス語で美)」
この二つの意味を込め、「ロハスベルカラー」は作られました。

ヘナ ヘナは植物の中で唯一、毛髪を染めることのできる植物。
その色素(ローソニア・アルバ)が毛髪に絡みつくことでハリコシや保湿力を与え、さらに頭髪の汚れも除去してくれます。
カシアオヴォバタも、同じく頭皮・毛髪環境を整えてくれる植物です。

HC染料 中性で刺激もなく、安全性も高いHC染料。
マニキュアで使われる酸性染毛料に比べ分子量も小さく、毛髪の内部に入り込むことができます。
天然植物であるヘナとの相性も良く、頭皮から塗ることもできます。

ノンジアミン、ノンアルカリ、ノンオキシ アレルギー体質の方が多くなっている昨今、自アミンでかぶれる方も増えてきている現状にあります。また、アルカリによるキューティクルの過膨潤は毛痩せの原因となり、オキシも毛髪への負担が大きいです。
ロハスベルカラーは、それらの成分は一切使用していません。

ロハスベルカラーが選ばれる理由

ロハスベルカラー ラインナップ

健康志向時代の安心・安全のロハスベルカラー
(染毛目安 明度表示)

ベーシックカラーシリーズ
BASIC COLOR SERIES

B2 B3 B4 B5 B7 B8

アクセントカラー
ACCENT COLOR SERIES

レモンイエロー ピンクチェリー ローズヒップ ラベンダー MH6

サロンの方へ

ロハスベルカラー施術上のポイント

  • STEP 1

    ペースト作成

    ●ポイント:塗布の30分前に作成。熱湯溶き。

    ロハスベルカラー:熱湯を約1:3の割合でペーストを作成。ハーブマッサージオイルを数滴ミックス。
    30分ほど置きます。(熱湯を私用し、ペースト放置することで、染まりUP)

  • STEP 2

    プレ処理

    ●ポイント:オイル使用により既染部の染まり過ぎ防止。

    既染部のカバーの必要がある場合、ハーブマッサージオイルとハーバルトリートメントを1:1で混合したものを適量塗布。

  • STEP 3

    プレシャンプー

    ●ポイント:アルカリ未使用のため、水分にてキューティクルを開きます。

    スタイリング剤を落とすだけでなく、ウェット状態にするのも目的。タオルドライのみ。

  • STEP 4

    ペースト塗布

    ●ポイント:スライス幅は1cm〜5mm。置いてくる感覚で。

    明るくする事は出来ないので、基本はリタッチで。と不良はアルカリカラーより多めを意識し、毛髪が数えられないように包み込むのがポイント。
    既染部は染まりやすいので、塗布の必要がある場合は、10分ほどしてから、塗布。

  • STEP 5

    ラッピング

    ●ポイント:ペースト塗布量が多いので、テンションをかけてタレ防止。

    フェイスラインにはテンションをかけて、加湿時のペーストだれを防ぐように。

  • STEP 6

    加湿タイム

    ●ポイント:アルカリ未使用のため、加温で毛髪内部にカラーを入れます。

    25分加温。髪質・長さ・塗布の部位などで調節をします。

  • STEP 7

    カラーチェック

    ●ポイント:直接染料なので、染まり過ぎくらいがOK

    酸化染料タイプのカラー剤とは違い、乳化時の発色がないため、染まり過ぎくらいでOKです。

  • STEP 8

    クーリング

    シャンプー台にてよく乳化をして、プレーンリンスで色落ちがなくなってからFLシャンプーをします。さらにハーバルシャンプーにて2度目のシャンプーをします。

  • STEP 9

    シャンプー

    ●ポイント:しっかり洗うことで、色落ちを防ぎます。

    K-コンクムースを適量(3〜5プッシュ)毛髪全体に揉み込みます。そのまま流さずにハーバルトリートメントを適量(500円玉大)も毛髪全体に馴染ませ、流しすぎない様にプレーンリンス。

  • STEP 10

    トリートメント

    ●ポイント:Wトリートメントで感触と色持ちアップ!

    タオルドライ後、逃避に薬用サクセランスを適量塗布しマッサージ。さらに毛髪にアミロンエッセンス。ハーブマッサージオイルを少量つけてブロー。スタイリング。

  • STEP 11

    スタイリング

    フェイスラインにはテンションをかけて、加湿時のペーストだれを防ぐように。